[続]久々にカットに関しての事を書いてみようと思う。

2015.11.20 Friday

0




    で、前回からの続きになります。



    前回のブログの最後の方に、、



     
    削がれすぎ、梳かれすぎると髪の質感は汚れてしまって艶を失ってパサつきやすくなるという事。



    なので削ぎ方だったり、髪を梳く時に使う「梳き鋏」も重要だって事。




    を、書きました。






    髪を「梳く」場合、おっきく分けると二通りあって



    ・梳き鋏で切る


    ・普通の鋏で切る




    が、あります。







    ・梳き鋏で切る(梳く)場合






    注意しなければいけないのは当然、入れ方や、入れ具合なんかもそうですが梳き鋏そのもののクオリティも大事だと思います。



    切れ味の悪い、梳き鋏の過度の使用は著しく髪を傷めますので。



    鋏そのもののクオリティも大事ですが、定期的に「研ぎ」に出すなどのメンテナンスも大事。



    なんせ、こういう複雑な構造してますしね。







    ちなみにRIFFのスタイリスト達は業界最高水準の梳き鋏を使用しております☆










    ・普通の鋏で切る(梳く)場合



    いろんな切り方や考え方がありますが、



    RIFFでは、どのように間引くか?を重要視しています。



    いかに髪に艶を残しながら、髪に動きをつけながら表情を出す事。



    鋏で切る(梳く)でのメリットを最大限に活かせるようにしています。



    例えば、この写真のように






    毛先の方が筆先のような、束ができるよう削ぐだけでも



    梳き鋏だけで削ぐ髪の状態と違った質感や効果を出すことができるワケです。



    無駄に削ぎすぎない=ヘアデザインのクオリティを上げる事につながります!



    とっても大事な事ですし、



    RIFFでは、よく「事故る」って表現するんですが



    他店でのカットが原因で事故ってくる方々の症状をみると大半は



    この「削がれすぎ」が入っています.....








    いつも、よく言うんですが



    普通の鋏を使おうが、梳き鋏を使おうが、レザー(カミソリ)を使おうが、



    結局は、どれも使い手(美容師)によって、えらく効果が変わるって事だと思います。




    『弘法筆を選ばず』と言いますが、、、



    我々、美容師のプロとしては道具の使い方や効果を把握、研究する事。



    そしてメンテナンスをしっかりとして、誇りを持って仕事したいものだなと思います!



    RIFFのスタッフ達には、そういった事は最低限のラインと思って仕事してくれてると思います。



    より良い、ヘアデザインを楽しんで頂くために必要な事ですね♪









    では!また!!












     

    RIFF HAIR MAKE

     
    〒036-8084 青森県弘前市高田2丁目8-11

    TEL 0172-55-0875〈予約制〉

    営業時間

    火〜土 10:00~20:00 日・祝 10:00~19:00

    定休日 月曜日・第3火曜日

    駐車場 完備(店舗裏約10台)


    RIFF Facebookページは→コチ

    Twitter始めて、たまに呟いてます。→コチラ

    Instagrgmは→コチラ

    ※お気軽に、いいね!フォローをどうぞ^^
     
     

    11月の休み

    定休日 2(月)9(月)16(月)17(火)23(月)30(月)

    工藤 5(木)26(木)

    一戸 8(日)11(水)24(火)

    藤田 4(水)


     

    12月の休み

    定休日 7(月)14(月)15(火)21(月)31(木
        
    *28(月)は営業致します!!


    工藤 20(日)

    一戸 11(金)

    藤田 1(火)22(火)